2019年07月16日

思い通りにならないことを楽しむ

空体道の基本、型、対練、組み手、会員さんはそれらの練習で思い通りにならないことを知っていますね。

基本や型では自分の身体が思い通りに動かないことを知り、対練や組み手では相手が自分の思い通りに技をかけさせてくれないことを知ります。

自分思い通りに動けて、自分の思い通りに相手に技がかかったら、本当に楽で楽しいでしょうが、そう簡単にはいきません。私もまだまだです。

問題は思い通りにならなかったらどうするか、です。思い通りにならないからと言って、何とか思い通りにしてやろうと焦らない事が大切なのです。

焦りは作為を生みます。作為は力みを生みます、力みは身体の可能性を封じてしまいます。

だから何とか思い通りにしてやろうではなく、思い通りにならないことを楽しむ気持ちを持ってください。

基本や型で思い通りに動けなければ、このまま続けていたら、いつか動けるようになるはず。今はこのままでいいと思ってください。無理をして動いてはいけません。無理をすれば身体の可能性を閉ざしてしまいます。

対練や組み手で相手を思い通りに出来なければ、このまま続けていたら、いつか相手を打ったり、投げたり出来るようになるはず。今はこのままでいい、と思ってください。無理に相手に技をかけようとしてはいけません。無理をすれば身体の可能性を閉ざしてしまいます。

無理やり何かをしようとせず、今の思い通りにならない自分を認め、その思い通りにならないことを楽しむ気持ちを持って、こつこつ練習を続けていたら、いつの日か思い通りになる自分に出会えるかもしれません。

私もまたそんな自分に出会ったとは言えませんが、思い通りにならない自分を楽しむ気持ちを持って練習しています。だから会員さんも同じような気持ちを持って練習に臨んでくれたらとても嬉しいです。







posted by ロン at 17:29| 日記