2019年08月05日

空っぽ

基本、型、対練、組み手の全てで、身体の中を何かが通っている感覚があります。

その何かとは、重さ、もっと言えば重力のように私は感じています。

会員さんはこの通る感覚がまだ弱いようですね。重さが通らなければ、その重さを自分のものにすることは出来ません。

今回は通る身体のワンポイントアドバイスです。

それは身体の中身が空っぽと言う意識を持つことです。中身が筋肉や内臓、骨と思ってしまうと、その時点で無意識的な力みが生じてしまうように私は思っています。

だから重さ、重力が通りやすいように、身体の中身は空っぽと意識するのです。中身が空っぽなら自然に重さ、重力が通るはずですよね。

中身が空っぽ、中々イメージしにくいかも知れませんが、少しずつ少しずつイメージを重ねていくうちに、何となくそんな感じになってくるものです。

そして空っぽのイメージが高まるにつれて、その中を重さが通り、全身に重さが満ちているように感じられるようになります。

今回のアドバイスも身体の力を抜くための方便としてのお話です。でも力が抜けなくて悩んでいる会員さんは試してみる価値はあると思います。

さあ、身体を空っぽに・・・ついでに頭の中も空っぽにしてよりすっきりしましょう!
posted by ロン at 19:30| 日記