2019年08月07日

やれらてみる

空体道の組み手はケガをしない、させない範囲のソフト組み手です。

とは言え、制約のない自由な攻防ですので、そう簡単に打撃は当たりませんし、崩し、投げも中々決まりません。

そんな時、何としても当ててやろうとか、投げてやろうと言う気持ちを持たないことが大切だと私は思っています。無理に自我を通そうとすると、相手との対立を呼び、相手はさらに抵抗を強めてしまいます。

だから、打たれても良い、投げられても良いと言う気持ちで相手の動きに合わせて動いて見てください。

相手の動きに合わせよう、合わせようと動いていると、不思議なことに、相手の攻撃がよく見えてくるように感じます。そしてさらに相手の隙も見え、感じられるようになってくるように思えてきます。

会員さんは、やられたくないからやられてみよう、そんな風に気持ちを切り替えて組み手に臨んでみてはいかがでしょうか。そのほうが組み手が楽しく出来ますし、上手くいくことが増えると思います。
posted by ロン at 10:34| 日記