2019年12月25日

思い込みを捨てる

空体道の対練でうまく技がかからない会員さんへのアドバイスです。

それは「予想しない」と言うことです。

技をおこなう時、会員さんの頭の中で声が聞こえます「出来ない」

それは武術を始める前の人生経験から声です「自分の体格、自分の筋力からして、自分より体格や筋力が勝る相手には技がかかるはずがない」そう頭が思い込んでいるのです。

でも会員さんは覚えておいて下さい。会員さんが考えている何十倍も身体の可能性が高いことを。しかしその可能性を「出来ない。出来るわけが無い」と言う頭の声が押さえてしまっているのです。

それでは「出来る」と思えばよいのですね、会員さんは思うかもしれませんが、それでも出来ないと私は思います。「出来ない」も「出来る」もどちらも頭の中の思い込みです。でも身体の可能性は頭の中の思い込みでは引き出すことは難しいのです。

それではどうしたらよいのでしょうか?

答えは簡単です。

ただ技をおこなえばよいのです。「出来ない」とも「出来る」とも思わず、ただ動いてみることです。思い込みを捨て、ただ動くことによって、身体の可能性は引き出されるのです。

「出来ない」「出来る」は予想です。頭が何かを予想してしまえば、身体の可能性が引き出されることはありません。

だから思い込みを捨て、予想を捨て、どんな結果も気にすることなく、ただ動くことを会員さんは目指してください。

そうすれば自然に身体の力は抜け、身体の可能性が目覚めることでしょう。









posted by ロン at 19:27| 日記