2020年01月13日

腕、肩以外

空体道の基本である操身法のなかに突きの練習があります。

定歩でおこなう突きの練習で、形は空手道の正拳中段突きによく似ています。

空体道は脱力の武術ですから、突き練習も当然脱力体でおこないます。

この時、腕、肩の力を抜いて突こうと意識する会員さんは多いと思いますが、それでは中々力を抜くことは難しいと思っています。

腕、肩の力を抜かなければと、腕、肩に意識を集中してしまうと、思いとは逆に腕、肩が緊張してしまうことがあるのです。

そこでアドバイスですが、腕、肩ではなく、腕、肩以外の力を抜いて突こうと意識してみて下さい。逆説的なやり方です。

腕、肩以外を緩めてと言う気持ちを持てば、腕、肩に余分な意識が集まらないので、結果として腕、肩の力が抜けて、突きを放つことが出来るのです。

もちろんこの方法は方便として考えて下さい。ある程度この方法で、腕、肩の緊張が薄れたら、何も作為的な気持ちを持たず、ただ自然に(全身を脱力して)突きを放つようにして下さい。方便は一時的に効果はありますが、それにこだわりすぎると、あまりよいことはないのです。
posted by ロン at 12:13| 日記