2020年02月18日

偏り

人の身体は長年生きていくうちに偏りが生じてくるように私は思っています。

身体の前後の偏り、左右の偏り、上下の偏り・・・

そんな様々な身体の偏りが、身体本来持っている能力を阻害してはいるように私は考えています。

空体道の十二の型(単式)、空法はそんな身体の偏りを正す為のものでもあるのです。

前後手、上下手、斜拳、内転手、外転手、直拳、開合拳、鞭手、左右旋回、三角転身、四方転換、遠心求心。

身体の力を抜き、あとは何も思わず、考えず、作為無く、ただ淡々と十二の型を繰り返すことによって、癖になってしまった身体の偏りを正していきます。

空法は老若男女誰もが出来て、そして誰もが身体の質、動きの質が向上出来る可能性を持った型だと、手前勝手ながら私は思っています。

だから会員さんは難しいことは考えず、ただ身体の力を抜くこと、そして自分の身体の偏りを正す為だけに空法に取り組んでほしいのです。
posted by ロン at 14:48| 日記