2020年05月28日

老いを受け入れる

還暦になってますます身体の外面の衰えを感じています。

身体の外面とは、筋力、柔軟性、瞬発力、耐久力、回復力等々・・・

若い時は身体能力が割りと高いほうだったので、よけい老いによる衰えを感じるのかもしれません。

歳は取りたくないものです・・・(笑)

ただ外面の衰えとは異なり、身体内面は若いときより充実してきているように感じています。

私の言う身体内面の充実とは、脱力による身体感覚の向上です。

全身の一体感、全身の連動感、全身の膨張感、全身の硬質感・・・

この内面感覚の充実が外面の衰えをカバーしてくれています。否、カバーではなく、武術に関しては若い時より遥かに向上している可能性すら感じています。

外面の衰えを感じつつ、内面の充実も感じる。老いてさらに向上するこの感覚によって、老いを老いとして素直に受け入れられるようになりました。

武術に本当に感謝です。
posted by ロン at 13:29| 日記