2020年06月21日

ねじる

今回は空体道の基本の突きについてのワンポイントアドバイスです。

最も重要にことは全身の力を抜いて突くことですが、会員さんは十分分かっていることですので、今回は違う点を説明します。

空体道の基本突きは、腕を伸ばす意識ではなく、腕をねじる意識を持って下さい。

腕の付け根から、腕全体をねじるのです。腕を縮めた状態から、ただ腕全体をねじれば自然に腕は前方へ伸びます。

腕を伸ばそうと言う意識が強いと肩や腕に力みが生じやすくなります。なので腕を伸ばそうとせず、ただねじることに意識を向けることによって、力みの無い突きが生まれやすくなるのです。

また身体の力が抜けるにしたがって、その腕のねじりに全身が連動するようになり、突いた後に拳だけではなく全身が振動するようになります。その振動が相手の身体の奥深くまで威力(重さ)を伝える要素にもなります。

空体道の基本突きは腕を伸ばすのではなく、腕をねじる。このことを意識して会員さんは一人稽古に励んで下さい。
posted by ロン at 20:35| 日記