2020年07月22日

丸ごと

空体道の崩し技や投げ技の対練では受手は抵抗してよいことによっていますので、皆さん崩されまい、投げられまいとしっかり抵抗してきます。

当然仕手にはその抵抗や圧力がはっきり感じられるはずです。

その時その抵抗や圧力を感じないように、何とか無視して技をかけようとすると、その無視しようとする作為によって身体は更に緊張し、結果として余計に技がかからなくなってしまいます。

だから抵抗、圧力はあって当たり前として、抵抗、圧力をそのまま丸ごと受け入れてしまうことです。

「ほう〜抵抗されているなあ〜踏ん張られているなあ〜なるほど〜うんうん」と何もかも受け入れて下さい。

抵抗、圧力をしっかり感じて、なおかつそれを丸ごと受け入れようとすれば、自然に身体の力は抜け、相手の抵抗、圧力とぶつからなくなり、身体の重さが伝わるようになるのです。

また相手を拒否すればするほど相手はさらに抵抗、圧力を増してくるものです。そして相手を丸ごと受け入れてあげれば、相手は無意識に抵抗、圧力をゆるめてしまいます。

私もまだまだですが、会員さんも相手を丸ごと受け入れる気持ちを持って対練にのぞんで下さい。
posted by ロン at 16:18| 日記