2020年08月20日

突き

空体道において相手に突きを当てる方法(連打は含まない)は3つあります。

第一は、相手の防御反応が間に合わない速度の突きを放つ・・・かなりの身体能力が必要とされるので、この打撃を可能とする人は限られてしまう。

第二は、相手の防御を難しくする変化の突きを放つ(見えづらい角度からの突き、スピードを変化させた突き等)・・・かなりのテクニックが要求されるので、第一と同じく出来る人は限られる。

そして第三の方法ですが、空体道ではこの第三の方法を目指しています。

第三は、ただ普通に突く。スピードが速いわけでもなく、変化があるわけでもない。なのに相手は防御反応が遅れ、打たれてしまう。時間はかかるが、誰もが出来るようになる可能性を秘めている。

この第三とは、突きを放つ際に、突きを放つ動きと同調して全身が動くため、相手は距離感、そして時間の感覚を狂わされ、防御反応が出来なくなる方法です。

第三の打撃を身につけるために、空体道では全身の力を抜くことに特化するのです。なぜなら力が抜けて全身に重さ(重力)が通れば、その動き全ては全身連動(全身統一)となると私は思っているからです。

そう言う私も第三の方法が出来るかと言えば、ほんの少しだけなのですが、いつかはと言う希望を込めて書いています。

あ、余談ですがこの他に第四の方法もあります。それは・・・今回は会員さんへのクイズとしておきましょう(笑)
posted by ロン at 18:55| 日記