2020年08月21日

囚われ

空体道の型において自分に囚われてはいけません。

空体道の組み手において相手に囚われてもいけません。

ああしなければ、こうしなければ、と自分に囚われ、ああされたくない、こうされたくない、と相手に囚われ・・・

自分や相手に囚われてしまうと、その動きに伸びやかさも、しなやかさも、滑らかさも、まとまりも、全体性も失われてしまうと私は思っています。

ただ動くことです。自分の身体を信じて、自分の心を信じて、ただ動くことです。

ただ動くことが出来た時、その動きは、伸びやかで、しなやかで、滑らかで、まとまりがあり、全体性であるでしょう。

ただ動くことはとても難しく、そしてとても簡単なことでもあるのです。

まずは会員さんは自分の囚われに気づくことからはじめて下さい。
posted by ロン at 20:25| 日記