2020年08月28日

実験台

空体道は学ばせていただいた、内家三拳、合気道、そして交流した空手の影響が強い武術ですが、一番影響しているのは私の身体からの感覚なのです。

練精会を発足して21年目、その間に自分の身体を実験台として、ああでもないこうでもないと試行錯誤して掴んでいったものを元に空体道を創始しました。

なので体系の一部(特に身体感覚)には学ばせていただいた内家三拳や合気道と若干異なる部分もあるのも事実なのです。

その部分がプラスなのかマイナスなのか(多分マイナス要素のほうが多いかも知れません)分からないのですが、自分の身体を実験台としての結果なので、それはそれで自分としては納得しています。

ただ一つ言えるのは自分の身体の中から出てきたものなので、その分、良くも悪くも良くも自信を持って会員の皆さんへ伝えられるもの事実です。

今から思えば本当に色々なことを試したおかげで、身体操作、身体意識については、様々なものがあり、そのどれも素晴らしく、様々な武術、武道に優劣はないと思えるようになりました。

だから自分の空体道が他より特に素晴らしいとは思えませんが、それでも自分の子供のような武術なので、会員の皆さんがより空体道を好きになってくれたら、こんなに嬉しい事はありません。
posted by ロン at 16:01| 日記