2020年08月28日

受身

受身・・・今は教える立場なので稽古で受身を取る機会がほとんどありません。

私が学んだ受身は高校時代の柔道(体育の一環として柔道の授業があったのです)の受身、内家拳老師から学んだ受身、合気道師範から学んだ受身、システマを学んでいた知人から少し教えてもらった受身です。

しかし一番身についたのは、内家拳老師の用法相手として何度も何度も投げられながら自然に身についた(自己流の)受身なのでした。

なので空体道の稽古では受身の基本は教えますが、どちらかと言えば対練の時に投げられながら自然に受身を覚えてもらうようにしています。

皆さんとの稽古では受身を取る機会のない私ですが、布団に入ってもよく寝れない時は部屋で10回ぐらい受身をしてゴロゴロ転がります。そうすると気持ちよく眠れるのです(受身で身体がほぐれるのでしょう)

ちなみに狭い部屋での受身の時は、どちらかと言えば知人から少しだけ学んだシステマの受身が役立ちました。

普通の受身のように腕や身体を丸めて転がると言うより、何と言うか肩からどろっと溶けていくような感覚の受身なので小さいスペースでやりやすかったのです(もちろん普通の受身でも小さく回れば問題ありませんが)

会員の皆さんも眠れない時は受身をおこなってみるのも良いと思います。効果ありです。
posted by ロン at 17:25| 日記