2020年09月02日

相手ではなく・・・

崩しや投げの対練においては、空体道では相手は抵抗してもよいことになっています。

そんな対練で崩しや投げが上手くいかなかった会員さんの為のワンポイントアドバイスです。

技をかける時当たり前かもしれませんが、相手の抵抗する力を感じることと思います。でも相手の抵抗する力を感じることよりももっと感じなければいけないことがあるのです。

それは相手の抵抗を感じその抵抗に抗おうとする自分自身の力です。

相手の抵抗する力に対して、その力に抵抗しようとする自分自身の力を感じることが技を成功させる第一歩です。

相手の状態(抵抗)よりもまず自分の状態(抵抗)を感じてほしいのです。自分の状態を知らなければ、いつまでたっても力を抜くことは難しいのです。

感じるべきは相手ではなく自分です。

そして自分の状態をただそのまま感じ続けることによって、やがて相手の抵抗が気にならなくなり、技がかかるようになります。

相手の抵抗を何とかしようとせず、自己観察によって自分を見続けて下さい。

意識が相手より自分に向き、その自分を冷静に観察することが出来るようになったのなら、自然に力の抜けた状態に身体は変化してくれます。
posted by ロン at 16:16| 日記