2021年01月03日

でっかい岩

たまに妻のゆりかに手伝ってもらって、私は足を肩幅ぐらいに横に開いて普通に立ったまま、前から、横から、後ろから押してもらうことがあります。

横からの押しに対しては以前からかなりの力で押されても楽に耐えることが出来ましたが、今はより難しい前からの押しや、後ろからの押しに対しても、かなりの力で押されても楽に耐えることが出来る様になっていました。

もちろんゆりかの全力の押しに対してはまだまだ楽に耐えるところまではいきませんが、それでも一人稽古の立つ稽古(立禅、上下法、前後法、左右法)、歩く稽古(全身歩、後退歩)の成果かなと一人悦に入っている次第です。

たまにゆりかが言います「でっかい岩のようだ」と。

人の身体の可能性、本当に面白く、素晴らしく、奥深いものだと思います。

今年はゆりかから「でっかい岩」ではなく「でっかい山」と言われるようにこれからも日々精進していきたいと思います。
posted by ロン at 09:23| 日記