2021年01月12日

妻を押す

副代表であり妻のゆりかをいつも押しています。

いつも押しているとは意味不明の言葉ですね。具体的にはゆりかの身体の脱力状態、まとまり状態の進歩を確認するため、前後や左右から手で押したり、身体で押したりしているのです。

主に家の中でやっているのですが、ついついいつもの癖が出て、二人がよくいく古本屋(ブックオフ)の中でもやってしまうことがあります。

今のゆりかはどんな方向から押してもある程度の圧力であればびくともしない安定度になっています。なのでこちらも強度を上げでぐい〜っと押し続けることになります。

家では別に問題はないのですが、古本屋でやってしまうと、傍から見たら変態おやじが女性に詰め寄っているように見えるかもしれません。

基本誰もいない時にやってはいるのですが、いつか店員さんに警察に通報されるかもしれませんね(笑)今後、外ではやらないようになるべく気ををつけます(笑)
posted by ロン at 15:39| 日記