2021年03月28日

重さの感覚

私の個人的な重さに対する感覚のお話です。

私個人の感覚の中では、重さは身体の中を移動するものでも、流れるものでもありません。

重さは全身にみっしりと充満しているものとの感覚があります。頭から胴体、手足と重さが満ち満ちている感覚です。

その感覚で言えば、重さは相手に伝えるものと言うより、相手に伝わるものと言いった感じでしょうか。

なので打撃も崩しも投げも、ただ普通におこなうだけなので、特殊な身体操作も特殊な意識操作もありません。

それが良いのか悪いのかは正直分からないのですが、武術を30数年続けてきた中での感覚なので、それをそのまま受け入れるしかないのが実情です。

多分、会員さんのほとんどが、この重さの充実感、満ち満ち感がまだ足りないのでしょう。なので対練や組み手で相手を簡単に打ったり、崩したり、投げたりが難しいのです。まあ、相手も必死で抵抗しますので中々上手くいかないのは仕方がないことではありますが(私もまだまだ未熟です)

とにかく会員さんは、身体に重さが充満する、満ち満ちる、と言う言葉を覚えておいて下さい。でも作為的にそうなろうとしてはいけません。力みの原因になってしまいますから。

力を抜く空体道の稽古を長く長く続けていると、いつかそのような状態が自然に訪れるようになります。それを気長に待つことです。

待てば海路の日和あり、です、会員さん。
posted by ロン at 19:05| 日記