2021年04月04日

姿勢で戦う

空体道の立禅は三つです。

並行立ちの立禅、前屈立ちの立禅、後屈立ちの立禅。

そして対練、組み手においても、この三つの立ち方のどれかに必ずなっています。だからこの三つの立ち方が安定(頭から足裏まで重さが通っていること)していなければ、対練も組み手も上手くはいかないと言えるのです。

なので空体道は姿勢(立ち方)で戦う武術とも言えるかもしれません。そしてその姿勢を作るのは、三つの立禅が主であり、そして二つの歩行法(前進歩、後退歩)が従と言えるでしょう。

型はそれが出来ている上での動きを学び、対練や組み手は立ち方、歩き方、動き方の総合検証にあたります。

会員さんに繰り返し言いますが、まず立禅無しに、そして歩行法無しに、空体道での上達は望めません。また困ったことに、立禅、歩行法共に真の成果が出るのにはとても時間がかかるのです。ほんの一生ほど(笑)

でも幸いなことに、空体道の三つの立禅、二つの歩行法は高齢になっても問題なく出来る方法です。だから時間がいくらかかっても大丈夫とも言えます。

空体道の会員さんは30代前半から60代後半までの男女と幅広くいらっしゃいます。皆さん、姿勢(立ち方、脱力、重さ、重力との調和)で戦う武術を目指して、まずしっかりと立禅(それと歩行法)に取り組んでほしいと思っています。



posted by ロン at 16:49| 日記