2021年04月30日

落とす

対練や組み手の時、相手と触れ合った瞬間、相手の圧力が手から足裏まで落ちたなら、相手の圧力をそのまま相手に返すことが可能になります。

相手は自分の出した力で、崩されたり、投げられたりします。

相手の力を足裏まで落とすには、身体の中がきれいに通っていなければなりません。どこかの部位で力みや緊張があれば、圧力が足裏まで落ちることはありません。

これが難しいのです。私は自然体の姿勢で、妻のゆりかに身体のあらゆることろを押してもらい、圧力をちゃんと足裏まで落とせているかどうか確認することがあります。ゆりかの全力の圧力(ゆりかの場合は筋力ではなく重さ)がかなり強力なので、出来ている時もあれば、出来ずに押されてしまう時もあります。

まだまだ修行が足りません。もっともっと身体の中をきれいにして、もっともっと通る身体にしなければなりません。

と言う訳で、今日も今日とて、いつものよう立つ稽古と歩く稽古を繰り返す私なのでした。
posted by ロン at 13:52| 日記