2021年05月30日

老いの武術

私個人の肉体に限定したお話です。

(私は)歳を取ったら、更に柔軟性が衰え、すばやさが衰え、跳躍力が衰え、筋力が衰え、反射神経が衰え、回復力が衰えてきました。まるでいいところなしです(笑)

それでも生涯成長、向上する武術の追及、探求はまったくあきらめていません。

それは、わずかな動き、小さな動き、簡素な動きで相手を制することが可能なら、肉体の衰えはあまり関係なくなるからです。

問題はそんな動きで相手を制すことが出来る威力の問題です。それには非常に強大な威力がどうしても必要になると私は思っています。

老いて、老いて、更に老いても衰えない威力。私は重力にその威力の可能性を見出しています。

わずかな、小さな、簡素な動きのすべてに全身の重さが宿っていたとしたら・・・今の私の体重は77キロぐらいです。その重さ全てが相手に衝突したら(打撃)、その重さ全てが相手の手や腕に圧し掛かったら(崩し、投げ)・・・77キロぐらいの巨大な鉄球に激突されて、耐えられる方はあまりいないのではないでしょうか。

私が創始した空体道は、その意味においては老いの武術とも言えるのです。老いの武術は=老いない武術です。

今は一人稽古の日々ですが、こらからも老いの武術を深め、その武術を必要とされる方々に妻のゆりかと二人で伝えていきたいと思っています。
posted by ロン at 22:24| 日記