2021年12月28日

感覚

身体の力が抜けて、重さが何の引っ掛かりもなく、頭から足裏まで落ちた時の感覚を方便として、

「頭から足裏まで軸が通る感覚」とか「中心が定まり、丹田から全身が膨張する感覚」とか「身体が一つに統一される感覚」とか表現することがあります。

これから感覚は突き詰めると一つの言葉として言うことが出来ます。

それは「重力感覚」です。力が抜け、全身に重力(重さ)が通り、重力と調和した身体感覚を「重力感覚」と呼びます。

ただ会員の皆さんに最初から「重力感覚」と言っても実感しづらいと思い、方便として上記のような様々な感覚として説明していますが、空体道の本質はただ一つ「重力感覚」しかありません。

その感覚を白帯の皆さんは、まだまったく実感出来ないでしょうし、茶帯の皆さんは、何となくおぼろげに、漠然としてほんの少しは感じられるかも知れません。そして黒帯の皆さは少しだですが、たまに実感として感じることがあるのではないでしょうか。

「重力感覚」を実感出来る身体の可能性は本当に素晴らしいものだと思っています。重力とともに動き、重力とともに打ち、蹴り、重力とともに崩し、投げること・・そこには体格、年齢、性別を超越した武術の世界が広がっているのだと私は信じています。

「重力感覚」は週一回や二回の教室だけでは感じることは難しいです。教室以外の自主練も大切になってきます。

これからも教室に、自主練に、私と一緒に「重力感覚」を目指していきましょう。



posted by ロン at 12:10| 日記