2022年09月02日

技をつくる

空体道の技に名前はありません。すべては空体道の型(12の短い動き)からの応用なので、これは何々の型の応用の技です、と説明するようにしています。

12の型の応用の技は私自身いくつあるのか分かりません。何せ一つの型に、打撃技、崩し技、投げ技、関節技の要素が含まれているので、数が分かりません。私も会員さんに型の応用として技を説明している最中に、その技の別の応用をいくつも思いついてしまうのですから、きりがありません。

なので、会員さんも私が教えている技だけに満足せずに、空体道の応用としての技を独自に発見してみてはいかがでしょうか。最初は難しいと思いますが、技はこれしかない、という思い込みを捨てることが出来れば、嘘のように次から次への技のイメージが広がっていくと思いますよ。

これは私個人の思いなのですが、同じ技でもその時の状況やその時の相手によって、まるで別の技のように見えることがよくあります。技は生きているのです。変幻万化。

私は未熟なりにですが、空体道の十二の型に技をエッセンスをびっしり詰め込んだつもりです。そして私自身、その型の中からまるで宝探しのように新しい技を発見し続けています。

会員の皆さんもトレジャーハンターになって十二の型から、技という宝物を発見してください。



posted by ロン at 23:34| 日記