2022年09月04日

限界を知り、乗り越える

空体道の技の対練では、技を受ける相手はしっかり抵抗してよいので、崩し技や投げ技がかからないことがよくあります。

技がかからないと、がっかりしてしまう会員さんもいるかもしれませんが、まず自分の(技)の限界を知ることが大事だと私は思っています。

自分の限界を知りそれを乗り越えるために努力(稽古)することが大切なのです。

相手を気遣い安易に効かない技を受けてしまっては、相手は自分の限界を知ることは出来ません。相手のことを思ってあえて抵抗してあげるのも気遣いなのです。

まあ、かと言って自分の姿勢を崩してまで、がむしゃらに抵抗するのは、力む癖がつくだけなので関心しませんが、力まない範囲でしっかり抵抗して、相手に限界を知らせ、乗り越える努力を促すことはけっして悪いことではありません。

そして己の限界を知り、乗り越えるために必要なことは、何度も書いていることですが、身体の力を抜き、全身に重さを通し、重力と調和すること。空体道の本質はそこにあるのですから。

私も会員さんにどんなに抵抗されても技をかけることは出来ますが、それでも自分の限界を知っています。だからその限界を乗り越えるため、会員の皆さんと一緒に稽古しているのです。

これからも一緒に限界を乗り越えていきましょう。

posted by ロン at 02:31| 日記