2022年09月08日

溜める

今回もあくまで感覚的なお話です。

稽古を通して自分の身体に重さが溜まっていくのを感じています。

もちろん体重増加のことではなく、感覚的に全身に重さがみっしりと溜まっていく感覚があるのです。

ここで面白いのは上記はあくまで感覚的なお話ですが、この感覚が高まれば高まるほど、会員さんに技をかける時、こちらには何の負荷もなく強力な重さを伝えることが物理的に可能になるのです。

で、どうすれば身体に重さが溜まるのかと言えは、いつの書いていることですが、空体道の立禅法、重心法、歩行法をやりこむことです。対練や組手では中々重さが溜まることはありません。

空体道では、相手との稽古(対練、組手)ではなく、一人の稽古(立禅法、重心法、歩行法)によって重さを溜めていくのです(ちなみにまず丹田から重さが溜まっていくような感覚があります)

華やかさのない地味な稽古法ですが、あきらめずに長く続けると想像以上の成果を手にすることが出来るのです。会員の皆さんもじっくり一人の稽古に取り組んでみて下さい。
posted by ロン at 17:50| 日記