2022年10月29日

最小で・・・

私はいつも会員の皆さんに、空体道は立つ力が本質なのだと話していますが、今回はその効果について少し説明したいと思います。

それは、最小の動きで強力な威力を生みだせる点にあるのです。

空体道の立禅法、重心法、歩行法を繰り返し稽古することによって、身体の力が抜け、重さが足裏まですべて落ちるようになり、全身に重力が通る身体に近づくと、大きな動きによる技が必要なくなっていきます。

打撃技、崩し技、投げ技等、すべての技に関して、大きな動きで力を溜める必要がなく、何気なく見える最小の動きで強力な威力を生み出すことが出来るのです。

最小の動きで威力を生み出す力の源は、全身の重さ(重力)です。全身に重さが通っていれば、身体のある部分から攻撃部位(例えば拳や足)に威力を伝える(流す)必要が無くなります。すでに立っているだけで全身に威力(重さ)が通っているからです。

しかしそれには上記の長所以外にもちろん短所も存在します。それは威力を生み出す身体の質を獲得するのに非常に長い年月を必要とする点です。

5年ではまだまだ全然。10年やってもやはりまだまだです。15年やってもやっぱりまだまだ不十分・・・まあそれでも15年くらいやれば、ほんの少しは上達するかもしれませんが、理想にはほど遠いレベルです。

私は会員さんよりは高いレベルにいますので、会員さんに最小の動きの威力を少しは体験させてあげることは出来ますが、それでもまだまだ未熟なレベルでしかありません。

空体道の修行は一生ものです。のんびり一生続けるくらいの気持ちで稽古を続けたら、いつか最小の動きにたどり着けるかもしれませんね。

「先生、この武術は何年ぐらいで身に付くものなのでしょうか?」

見学される方からこんな質問を受けることがあります。そんな時はテレビドラマ「燃えよカンフー」の主人公ケインのセリフを引用するようにしています。

「ほんの一生です」








posted by ロン at 17:56| 日記