2019年03月13日

自分を信じる

例えば、床に落ちたお金を拾おうとしたとします。膝が曲がり、腰が曲り、手が伸びると思います。ごく自然な日常の動きです。

でもこの自然な日常の動きが練習では難しくなってしまうのです。相手に囚われてしまうからです。

先ほどのお金を拾う動きと似たような動きで、相手の突きを上から払い、相手を崩す対練をした場合、ある人は膝が曲らず、腰だけ曲げてしまいます。またある人は膝だけ曲げて、腰は曲げません。またある人は膝も腰も曲げず手だけで相手を崩すそうとしてしまいます。

相手を崩さなければいけない、と言う思いが、相手はふんばるからもっと力を出さないと、と言う思いが、お金を拾うような簡単な動きを出来なくさせてしまうのです。

そんな時、私はこう指導します。

「相手を気にせず、畳にお金が落ちています。そのお金をただ拾うように動いて見てください。まず自分一人でお金を拾う動作を3回繰り返しましょう。そうです。簡単な動きですよね。では相手は突きますが、今やったお金を拾う動作のことだけ考えて、相手を崩してみましょう。さあどうぞ」

すると先ほどまでロボットのようなぎこちない動きで相手をまったく崩せなかった会員さんが、見事に相手の突きを払って崩せるようなるのです。

相手に囚われないことです。相手に囚われなければ、その動きは滑らかで無理がなく自然です。

会員さんはもっと自分の身体を信じて、身体の動きに任せてみてはいかがでしょうか。自分で考えるより、身体はもっとたくさんのことを知っているのです。

私もまだまだ相手に囚われてはいますが、対練で苦戦している会員さんへのワンポイントアドバイスでした。
posted by ロン at 18:58| 日記

2019年03月08日

重さの詰まった身体

練精会の目指す身体は重さの詰まった身体です。

「えっ、もともと身体には重さが詰まっていますよね」と言う会員さんもいるかも知れません。でも私の言う身体は全身すべてに重さが詰まっている身体のことなのです。

ここからは感覚的なお話ですが、会員さんの多くが、全身に重さが行き渡っていないのです。

例えは、肩や胸が力む会員さんは、肩や胸には重さが行き渡りません。また腰や脚が力む会員さんは、腰や脚に重さが行き渡っていないのです。

ある部分に力みがある身体には重さが詰まることはありません。力みのある部分は重さの代わりに力みが詰まっているのです。

力みの詰まった身体の動きは、固くぎくしゃくしていてます。重さの詰まった身体は、軽やかで滑らかです。

全身くまなく重さが行き渡り、重さが詰まった身体になるためには、全身の力を抜かなければいけません。重さの詰まった身体は、どのような動きをしても、全身の重さが分散することはありません。重さの統一体で
す。

重さの統一体になるには全身の力を本当の意味で抜かなければいけません。

だから会員さんは、強くなろう、健康になろう、と思う前に、まず力を抜こうと思って稽古に臨んでほしいのです。護身術としての強さも、健康も、力が抜けた身体、重さの詰まった身体、重力と調和した身体の結果としてついているものだと私は思っています。

私も重さの詰まった身体とはまだまだ言えませんが、一緒にそんな身体を目指していきましょう。
posted by ロン at 20:21| 日記

2019年03月05日

勉強

たまに妻のゆりかと居間で崩し合いをします。空体道の崩し合いは、太極拳の競技推手のようなもので、お互い組合って押したり引いたりして、どちらかの足が動いたら負けになります。

ゆりかと私では体格も経験も違いますので、私からは何もせず、ゆりかの攻めを受けることにしています。攻めに対して受け流すこともせず、すべて真正面から受けとめるようにします。またゆりかと手を組むこともせず、直接私の胴体を攻めさせます。

ゆりかは重さを伝える練習、私はそれに耐える練習。

するとゆりかこれ幸いと、攻める攻める。押すは引くは横に引っぱるは・・・うなり声を上げ、まるで野獣のようです(笑)練習では見せない、ゆりかの全開モードです(笑)

ゆりかと崩し合いをした会員さんなら分かるでしょうが、ゆりか相当強いです。体格差、体重差のある男性会員でも負けてしまうことがあります。力が抜けてきているので、重さを伝えることが上手くなってきているのです。

なので、何もせずにゆりかの怒涛の攻め(重さ)を受け続けるのは、さすがにきついきつい・・・何とか耐えることが出来るのですが、少しでも力んだら、簡単に持っていかれそうです。

するとゆりかまともに行ったら通じないと見るや、タックルのように下からもぐり込んで、突き上げるように重さを伝えてきます・・・・これには私も何回か負けてしまいます。ゆりか必殺、野獣タックルです(笑)

こんな崩し合いが私にはとても勉強になるのです。何もせず、ゆりかの攻めを受け続けながら、自分の身体の内面の感覚を確認することが出来るからです。

頭から足裏まで重さは落ちていてるか・・・同じく頭から足裏まで意識は通っているか・・・確認すべきはこの感覚の二点です。この感覚が良い時は、ゆりかに何をされても大丈夫なのですが、やはり自由に動かれて自在に攻められると、中々この感覚を保つことが出来ません。勉強、勉強です。

いつかどんな状況になっても、二つの感覚が消えることはなく、ゆりかが押した瞬間に、押したゆりかが吹っ飛ぶくらいの重力と調和した身体になりたいものです。でもそのころはゆりかの重さの伝達能力も飛躍的に進歩しているのでしょうから、この状況は変わらないかも・・・いたちごっこですね(笑)

posted by ロン at 22:02| 日記

2019年03月03日

変更

最近、型の空法をほんの少し変更、基本の操身法を大幅に変更した後、また少し変更しました。

何度も何度もマイナーチェンジを繰り返すのは、どうすれば会員さんがより空体道の理解が進むのか、そして私がどうすればさらに伸びることが出来るかを、日々考えているからです。

一日として空体道のことを考えない日はありません。こう書くと何やら生真面目な先生と思われるかも知れませんが、何のことはなくただ楽しいから考えているだけなのです。けっして生真面目ではありませんのでご安心を(笑)

今後、またマイナーチェンジがないとも限りませんが、とりあえず今の操身法、空法を変更するつもりはありません。私自身今の操身法と空法はかなり気に入っているのです。

だから会員さんはまず今の操身法、空法を信じて、練習を続けてくださいね。
posted by ロン at 18:29| 日記

2019年03月02日

意識の線

身体の力を抜き、重さを頭から足裏まで落すために練習を続けていると、その過程で意識の線が芽生えてきます。

それは頭から足裏までの真っ直ぐの意識の腺です。この意識は力を抜くことと同じくらい連精会にとっては大切なものなのです。

頭から足裏まで落ちる重さ。頭から足裏まで通る意識。
この二つが一つになった時、初めて重力と身体の調和が生まれるのだと私は思っています。

基本の操身法も型の空法も、頭から足裏まで落ちる重さ、頭から足裏まで通る意識、会員さんはこの二つの言葉を忘れてはいけません。

その二つは重力との調和につながっているのですから。
posted by ロン at 21:09| 日記