2021年01月03日

コブラ会

妻のゆりかと「コブラ会」にはまっています。

「コブラ会」は映画「ベストキッド」の後日談として作られたドラマで現在パート3まで放映されています(パート4も現在製作中とか)

中年になったダニエルさん、おなじく中年になったライバルのジョニーの確執を中心に、二人の子供達や弟子達のいがみあい、友情、恋、闘い、そしてあの悪名高いジョン・クリーズ(ジョニーの元先生)まで登場しドラマは怒涛の展開に・・・・いや〜面白いです。

またドラマには映画「ベストキッド」の挿入シーンがよくあり、懐かしのミヤギ先生の姿に私もゆりかも思わず目頭が熱くなってしまいます。

また空手のシーンは役者さん達はけっして上手とは言えませんが、下手な早回しや過剰な演出もなく、かえって好感がもてるのもグッドです。

まあ「ベストキッド」に思い入れのある私やゆりかには最高のプレゼントのようなドラマかもしれません。

ゆりかに冗談で「うちの会の名前を札幌太極拳練精会から札幌太極拳コブラ会に変えようか」と言うと妻のゆりか「それもいいわね」と二人で大笑いしました。
posted by ロン at 23:00| 日記

でっかい岩

たまに妻のゆりかに手伝ってもらって、私は足を肩幅ぐらいに横に開いて普通に立ったまま、前から、横から、後ろから押してもらうことがあります。

横からの押しに対しては以前からかなりの力で押されても楽に耐えることが出来ましたが、今はより難しい前からの押しや、後ろからの押しに対しても、かなりの力で押されても楽に耐えることが出来る様になっていました。

もちろんゆりかの全力の押しに対してはまだまだ楽に耐えるところまではいきませんが、それでも一人稽古の立つ稽古(立禅、上下法、前後法、左右法)、歩く稽古(全身歩、後退歩)の成果かなと一人悦に入っている次第です。

たまにゆりかが言います「でっかい岩のようだ」と。

人の身体の可能性、本当に面白く、素晴らしく、奥深いものだと思います。

今年はゆりかから「でっかい岩」ではなく「でっかい山」と言われるようにこれからも日々精進していきたいと思います。
posted by ロン at 09:23| 日記

2021年01月01日

空体道の力

私の創始した空体道の力について説明したいと思います。

空体道の力は二つあります。

一つ目はその動きに必要な全身の筋肉をすべて連結、連動させること。二つ目は身体を一体化し、全身すべての重さを伝えること。

連動の力と一体化の力。この二つが空体道の力となります。

この二つの力を生み出すために、空体道でおこなうことはただ一つ。脱力に特化した稽古あるのみなのです。
徹底した脱力により全身の筋肉を連結、連動させ。徹底した脱力により全身を一体化させる。

2021年度もひたすら、脱力と追求、脱力の探求、脱力の進歩、脱力の深化を目指して稽古していきたいと思っています。

と言う訳で今年も宜しくお願いいたします。
posted by ロン at 19:41| 日記

2020年12月30日

重力と姿勢と意識

空体道の三大要訣を述べるなら、

頭からから足裏まで重さ(重力)を真っ直ぐに通す。真っ直ぐな姿勢。真っ直ぐな意識。となるでしょう。

三つの真っ直ぐです。

この三つの真っ直ぐが揃った時、その身体は上下は無論、前後、左右どの方向にもバランスが整い、球体の身体、球体の意識へと進化するように私には思えるのです。

なぜ思えるのですと言い、そうなりますと断言出来ないのは、私がまたその段階ではないからです。

なのでいつか断言できるようになるため、今日も今日とて、立つ、そして歩く稽古を居間でおこないます。

目指せ球の身体。球の意識。
posted by ロン at 19:22| 日記

重力と姿勢と意識

空体道の三大要訣を述べるなら、

頭からから足裏まで重さ(重力)を真っ直ぐに通す。真っ直ぐな姿勢。真っ直ぐな意識。となるでしょう。

三つの真っ直ぐです。

この三つの真っ直ぐが揃った時、その身体は上下は無論、前後、左右どの方向にもバランスが整い、球体の身体、球体の意識へと進化するように私には思えるのです。

なぜ思えるのです、と言いそうなりますと断言出来ないのは、私がまたその段階ではないからです。

なのでいつか断言できるようになるため、今日も今日とて、立つ、そして歩く稽古を居間でおこないます。

目指せ球体!
posted by ロン at 19:21| 日記