2021年03月22日

無い感覚

空体道の対練、組み手において、相手を打った、崩した、投げたと言う感覚が身体にあるなら、まだまだ力が抜けていないと会員さんは思ってください。

その打った、崩した、投げたと言う身体の感覚は力みが残っている証拠とも言えるのです。

私もまだまだですが、本当に力が抜けているなら、打っても、崩しても、投げても、身体には何の感覚も残らないものなのです。

とは言え、空体道の組み手は無論ですが、対練でも相手はこちらの動き(技)に合わせることなくしっかりと抵抗しますので、中々そんな無い感覚まで進むのは難しいことではありますが、難しいからこそ目指しがいがあると言うものです。

相手を打てても、崩せても、投げることが出来たとしても、その感覚があるうちはおごることなく、無い感覚を目指してください。
posted by ロン at 16:03| 日記

幻の師匠

前回の内容とリンクするようなお話です。

私には幻の師匠がいます。現実ではなく私の頭の中の師匠です。

私よりずっと高齢で、私よりずっと小柄な師匠です。

でも師匠に向かっていくと、師匠の手がやさしく私に触れた途端、私は交通事故にでもあったように、ぶっ飛んでしまいます。何度やっても、どうやっても、結果は同じ。師匠の一触で、私は大きく吹っ飛ばされ、床にたたきつけられます。

そんな師匠といつも自分を比較するようにしています。で、稽古のたびにため息をつくことになります「まだまだ未熟も未熟・・・」

妻のゆりかは「そんなにできるのに何をがっかりしているの」とよく言いますが、幻の師匠をしっている私は自分ができるとは到底思えないのです。

それでもいつの日か幻の師匠に追いつきたいと思っています。でももし追いついたなら、さらにすごい師匠が頭の中に現れることでしょう。追いかけっこは一生終わりそうもありません(笑)
posted by ロン at 01:58| 日記

2021年03月21日

目指すべき境地

妄想、幻想全開なのは承知しているのですが、私が目指す武術の境地はこうです。

「相手の攻撃を払うだけで、相手が倒れる、崩れる、投げられる。私の手(攻撃)が相手に触れるだけで、相手が倒れる、崩れる、投げられる。防御でも攻撃でも同じ結果」

無理でも、不可能でも、この境地にいかに近づけるのかを日々追求、探求するのが私の(武術に関する)ライフワークです。

30代、40代に他武術、他武道、他格闘技の方々と交流組み手、スパーリングを繰り返していたので、その境地がどれだけ遠いかを十分に理解はしています。

でも目指すべき境地が明確であれば、たとえ到達出来なくても近づくことは可能だとも思っています。ならば目指さない訳にはいきません。

と言う訳でこれからも目指すべき境地を思い、一歩一歩進み続けようと思います。続け会員さん。
posted by ロン at 17:03| 日記

2021年03月19日

投げ技のルーツ

私が小学生だったころ相撲をとるのが流行っていました。

昼休みになると体育館でよく相撲をとりました。下は床だったので、投げられるとけっこう痛かったのですが、そんなことも気にせずひたすら毎日とっていました。

そのせいか同級では敵なしとなり、いつしか上級生にも相撲を挑むようになり、勝ったり負けたりの日々でした。またお祭りになると相撲大会があり、いつも参加して景品(お菓子)をもらって喜んでいました(そのおかげもあって高校時代には柔道の授業でクラスチャンピオンになることも出来ました)

で、そんな経験からか、喧嘩になると突き蹴りよりも投げを多用していたようです(まあそんなにたくさん喧嘩はしなかったですが)

そしてその後、武術を学び始めてからどちらかと言えば投げ技が得意で、組み手の大会に出ると打撃技より投げ技のほうでポイントを取るほうが多かったようです。

なので私が創始した空体道でも打撃技と同じぐらい投げ技を重視しているのです(今は組んでと言うより、触れて投げる投げ技を探求しています)

もしタイムマシンがあったら小学校時代の自分に会って言ってやりたいです「ひたすら相撲をとってくれてありがとう」と。まあ、三つ子の魂百までですかね(笑)






posted by ロン at 15:48| 日記

2021年03月17日

退行

私の武術人生は退行人生かもしれません。

武術を始めて最初に好きになったのは組み手でした。そして組み手を通して技(対練)が好きになりました。その後、対練を通して動き(型)が好きになりました。さらに型を通して歩く事(歩行)が好きになりました。最後に歩行を通して立つ事(立禅)が好きになったのです。

組み手→対練→型→歩行→立禅。どんどん動かないのが好きになってきました。何か普通の人と逆行しているみたいです(笑)

しかしまあ、この退行の武術人生も私らしくて悪くないかな、とも思っています。でもこれ以上退行したら、立つ事より寝る事が好きになってしまいそうなのが怖いです(笑)

三年寝太郎にならないように、立禅の稽古、稽古です(笑)
posted by ロン at 22:41| 日記